あそびのようす
activity

2022.06.01

そ~っとね。

肌寒い日の出来事です。

みんなで、土間に出てみると…

ちょっと元気のないトンボさんをみつけました。

「いきてる?」「はねがついてる!」

土間には、いろいろな虫が遊びに来ますが、羽のついている大きな虫は、初めてでしたね。

寒かったせいか、ちょっぴり元気のないトンボさん。

「やさしくさわろう」

「おててをこうするといいかな」子どもたちから優しい言葉がでてきましたよ。

「こわいけど、さわってみようかな」

「ちょん!」

「さわれた!こわくないじゃ~ん」ちょっと怖かったけど、ニコニコになりましたね。

わたしも、さわってみたいなと、気になっているお友だち。

ちょっとずつ、近づいてきました。

少し待っていると…

そ~っと近づき、チョン!「かわいい~」「こわくないね」

虫や動物、植物など、子どもたちの身近なところにはたくさんの「いのち」があります。

さまざまな機会を通して、「いのちを大切にする」ということを子どもたちに伝えていきたいと思っています。

今日は、命の大切さに気付く良い機会になりましたね。

遊び終わるころには、トンボさん、羽を少しずつ動かせるようになりました。

明日は、どんな虫さんがあそびにきてくれるかな?

【2歳児 担当】